リフォームで我が家に新しい機能を

オール電化について

テラス

最近の住宅設備は、そのほとんどがオール電化になっています。
テレビや住宅雑誌でも大きく注目されているオール電化ですが、実際にどのようになるのか具体的に知っている人は多くいません。
オール電化には多くのメリットが存在します。そのため導入を検討してみるためにも、どのようなものなのか具体的に知っておきましょう。

オール電化とは、住宅にある全ての設備を全て電気機器に変えることを言います。
言葉では簡単な事ですが、実際に行なうと住宅にある殆どの設備を交換しなければならないことがあります。
今までの住宅は、料理を行なうための、コンロや、お風呂に入るためにお湯を出す給湯器などの設備が全てガス設備でした。
これらを電気で動く機器に取り替える必要があります。ガスコンロはIH調理器に変え、ガス給湯器は電気給湯器に変更するのです。
全てのガス機器を電気機器に変えるのです。
導入にかかる費用や工事に関する費用が掛かりますが、その分大きなメリットがあります。
それは、ガス代の支払いを無くすことが出来るといった点です。
ガスを利用するためには、使用した分のガス料金だけでなく、基本使用料の支払いが必要になります。
基本使用料はガスを使わなくても発生する料金です。無駄に発生している料金のためこれを無くすことによって、大きく節約することが出来るのです。
オール電化を行なうことによって、他にも様々なメリットが存在します。それを知ることが大切なのです。